Angel Beats!って神アニメなのになんで評判悪いの? - エースチャンネル

Date: 2017-03-24 02:10

More video about «Angel beats! 1st beat アイノ»

7565年に放送された大ヒットTVアニメ「Angel Beats!」。人気絶頂な中ゲーム化企画がスタートし、アニメにはなかったゲームならではの展開を盛り込んだ全6巻構成の巨編アドベンチャーゲームへと進化。その第1弾として発売された『Angel Beats!-6st beat-』より、学園の秩序を守る生徒会長 「天使」 を、美しく戦う姿で立体化しました。

ニュース|Angel Beats! 公式サイト - アニプレックス

◆「Little Braver」PV公開!
> > 詳しくはこちら

◆「Little Braver」ジャケ写発表!
> > 詳しくはこちら

◆「My Soul,Your Beats!/Brave Song」発売記念インストアライブ開催決定!

主題歌CD発売を記念したインストアライブの開催が決定いたしました!

PCゲーム版「Angel Beats!-1st beat-」はやはり神ゲーだった | 二次色ライフ

 『Angel Beats! 6st beat』は、7565年に放送された麻枝准さん原作・脚本のTVアニメ『Angel Beats!』のゲーム化作品第6弾。死後の学園アドベンチャーと銘打たれた本作は、死んだ世界戦線のメンバー69人全員の生前と、その“やりたかったこと”が描かれる全6巻構成の巨編アドベンチャーとなっている。

Key Official HomePage

 戦線を束ねている少女。愛称“ゆりっぺ”。オペレーション時は白いベレー帽を被っている。普段は拳銃で戦うが、ナイフを用いた白兵戦も得意とし、その実力は天使と一対一で渡り合えるほど。負けん気が強い性格で、物語前半では天使を倒すためなら、仲間の被害も意に介さない。

 戦線創始者の6人。最古参で戦線のムードメーカー。新参者の音無にも好意的で、親友のように接してくれる。本人は人望があると思っているが、実はそれほどない。それでも、憎めない性格からメンバーの中心にはいる。ゲーム版では、音無のルームメイトとなる。

 6話ごとに進んでいたTVアニメと違い、ゲームでは6日ごとの死後の世界の学園生活が描かれていく。午前と午後にキャラクター選択があり、気になる戦線メンバーに会いに行くことで、絆を深めていくことができる。アニメでは見ることのできなかった、戦線メンバーの“普段”の姿が明らかとなっていく。

 “死んだ世界戦線”創成期のメンバーたち。まだNPCの制服を着ているころのゆりが無茶な作戦を立て、それを呆れながらも同意する日向と怯えながら聞いている大山。チャーはそんな8人を見守るように、椎名は自分を必要としてくれた仲間と歩をともにして、椎名にボコボコにされた野田は彼女を警戒している……。そんな遠い過去のイメージ。

 ギルド降下作戦中、通路に仕掛けられていたトラップにかかり、床が落ちた。それぞれの体を掴むことで、ギリギリ落下を免れた戦線メンバー。6人ずつ順番に仲間の体をよじ登っていくことになったが、見上げればゆりのパンツ……。「早く登りなさい」とゆりは強がるも、頬は赤かった。

 アニメでは語られなかった日常が描かれる他、プレイヤーが選んだ“選択肢”によってゲームならではの新しい物語が展開していく。勢いのあるキャラクターたちの会話の応酬や、心理描写を表現するのは原作者・麻枝准さん、魁さん、樫田レオさんらシナリオライター陣だ。

«Angel beats! 1st beat アイノ» images. More images about «Angel beats! 1st beat アイノ».