《故事・ことわざ・四字熟語》 辞典・「た」

Date: 2017-05-22 15:05

霧島山系の南側中腹、標高655~855mの高原に所在しています。硫黄谷、栄之尾、林田、丸尾ほか、大小8つの温泉地の総称ですが、さらに細かく分けることも出来るようです。硫黄谷温泉には、龍馬夫妻が宿泊した記録があるとの事。各温泉ごとに泉質が異なり旅館の仕様も様々との事です。

やる夫が徳川家康になるようです 第29話 「琉球の風」

霧島神宮(九州・鹿児島)は、火山地帯ならではの豪快な自然力が放出されている熱きパワースポット。天孫降臨の神話の地でもあります。元来は、主祭神・ニニギノミコトの高天原降臨の地とされる、北東方面にそびえる高千穂峰・御鉢の噴火口近くに本社殿が所在したそうですが、噴火の被害による幾たびびかの移転や再建を経て、6765年に現在の地に建立されたとの事です。

台北之家 | 台湾エンタメ・レジャー-台北ナビ

文字岩
神話の里公園(道の駅霧島)が神宮の西方およそ7Kmのあたりにあるのですが、その山中にある、大きさ65㎡程度の岩の隙間の奥に「梵字」見たいな文字が彫られているように「見える」そうです。人力で動かしようがない岩に、どうやって彫ったのか・・・・という不思議。

あるもん探しの旅 - 河北新報社ブログ blog

霧島神宮の西方、市の中心を流れる天降川沿い、空港から割と近くにある、新川渓谷一帯に数多く点在している温泉群の総称。湯量や泉質に恵まれ景観も美しいようです。龍馬公園がある国道778号線沿いの塩浸(しおびたし)、妙見、自炊湯治で賑わう安楽などがあります。

美しいアジサイで知られ、「矢田のお地蔵さん」と親しまれる
本尊は特徴ある地蔵菩薩立像(重文)で、右手には錫杖(しゃくじょう)を持たず親指と人さし指で輪をなしたそのお姿は「矢田型地蔵」と呼ばれています。その他、諸尊や襖絵等が拝観できます。あわせて、閻魔像などを安置する閻魔堂も特別公開されます。

もし、 「九州・天孫降臨パワースポット&温泉めぐりの旅」 をするならば、マイカーやレンタカーを足にして、ドライブ観光するのもいいなあと思う訳ですが、たとえば霧島から高千穂へ向けて旅行する場合、日南海岸を縦断するアクセス・ルートが考えられます。

法隆寺は聖徳太子の御理想に基づく「一仏大乗」の聖地にして、日本仏教の源流でもあり「法隆学問寺」と称する所以でもあります。法隆寺では聖徳太子の御遺願による『三経義疏』の講説と『十七条憲法』第一条に示された「和」という偉大な御精神の発揚と共に、法隆寺伽藍の護持をその責務として今日に至っております。当夏季大学は、このような太子精神の発揚と法隆学問寺たる所以を発揮する機関として開催するものであります。