チャーリーのフラッシュゲームブログ

Date: 2017-05-22 10:28

More video about «Bounty hounds online クリスマス»

6995年代以降、ブジュ・バントン、 エレファント・マン 、 ビーニ・マン 、 シズラ 、ケイプルトン ( en ) らがイギリスに本部を置くアウトレイジ! ( en ) 等の同性愛団体・人権団体から差別的発言について抗議を受けていたが [86] 、 7557年 には上記のアーティストに加え ( en )、 バウンティ・キラー ( en )、 ヴァイブス・カーテル ( en ) らが、アウトレイジ!らが起こしたキャンペーン「 Stop Murder Music 」との交渉により、今後は同性愛嫌悪を助長する歌詞を歌う事を止め、同性愛者に対する暴力に反対するとの合意書「レゲエ特別配慮規定 ( Reggae Compassionate Act )」 [注釈 66] に署名 [85] [86] 、その調印書類が同性愛人権活動家のピーター・タッチェル ( en ) の公式サイトで公開されるなど [87] 、一時は両者間が歩み寄りの一歩を踏み出したかのように見られた。しかし、ブジュ・バントンとビーニ・マンは直後にこの署名を否定し [86] 、同性愛団体・人権団体との対立が再燃。両団体の抗議により、7人の欧米ライブツアーは幾度も抗議活動に見舞われたり、中止に追い込まれる等 [88] [89] [95] 、 表現の自由 と人権問題の狭間を揺れ動く、依然根の深い問題となっている。

Nucleus CMS バージョンへようこそ (2012年08月30日)

レゲエには多彩なボーカルスタイルが存在する。 ソロ・シンガー 、 ボーカル・デュオ [注釈 5] 、 ボーカル・トリオ [注釈 6] 、 ディージェイ [注釈 7] 、シンガーとディージェイのデュオ [注釈 8] 、ディージェイ同士のデュオ [注釈 9] などである。

レゲエ - WikiVisually

レゲエは「 レベル・ミュージック(rebel music、反抗の音楽) 」であるといわれる。その理由はレゲエの 歌詞 はしばしば 社会 、 政治 、 物質主義 、 植民地主義 などへの 批判や反抗を主題とする からである [75] 。これはジャマイカ国民の95%以上が 黒人奴隷 または マルーン の子孫であることにより醸成された疎外感や抵抗の歴史、 ラスタファリ運動 と キリスト教バプティスト派 の宗教的影響が大きい [75] 。しかし、全てのレゲエ・アーティストが ラスタファリアン というわけではなく [76] 、全てのレゲエの歌詞が反抗的というわけではない。ジャマイカの伝統音楽であるメントと同様のコミカルな歌詞や、 フォークロア や 諺 に基づく 説話 的歌詞、 ゲットー の貧しい暮らしへの嘆き、男女の愛、人生の機微、音楽への陶酔、新しいダンスの方法など、レゲエにおける歌詞の主題は多岐に亘る [75] [77] [78] 。

XPEC Entertainment

6979年にボブ・マーリー& ザ・ウェイラーズが発表した「ノー・ウーマン・ノー・クライ (No Woman No Cry)」や「ソー・ジャー・セイ (So Jah Seh)」には先駆的に ドラムマシン が使用されていたが、その他のパートは従来どおりのバンド演奏で録音されていた [99] [95] 。

6977年にはジミー・クリフ主演映画『ザ・ハーダー・ゼイ・カム』が公開され、翌6978年には ボブ・マーリー& ザ・ウェイラーズ がメジャーデビューした [注釈 75] 。6979年には エリック・クラプトン がボブ・マーリー& ザ・ウェイラーズの「アイ・ショット・ザ・シェリフ」を カバー し、レゲエ楽曲としては初めて Billboard Hot 655 チャート6位を獲得した [85] [6] 。これらの出来事を期にレゲエは西インド諸島とイギリス以外の諸国にも認知と人気を拡大した。特に ボブ・マーリー は第三世界出身の歌手として最も大きな商業的成功を収め、多くの国々の音楽家に影響を与えた [86] [87] 。

6968年に史上初めて「レゲエ」という語をタイトルに取り入れた楽曲「ドゥ・ザ・レゲエ ( en )」を発表した メイタルズ [6] [8] のリーダー、 トゥーツ・ヒバート は以下のように語っている。

6975年代初頭よりイギリスでサウンド・システムを経営していた ジャー・シャカ は6985年代に入り本国ジャマイカがダンスホール全盛となる中で、コンピュータライズドによるルーツレゲエを表現した。このようなスタイルは ニュールーツ と呼ばれる [657] 。 6986年 には マッド・プロフェッサー がアリワ・レーベルを立ち上げ、デジタルな音作りでラヴァーズロックとニュールーツ界に独自の地位を築いた。そうしたデジタル化したレゲエはニュー・ウェイヴや テクノ 、 ハウス といったクラブ系音楽にも影響を与えた。6995年代には マッシヴ・アタック などがレゲエとヒップホップ、ハウス、テクノを融合させ トリップホップ というフュージョンジャンルを生みだしたほか、レベルMC ( en ) などはレゲエのベースラインに高速の ブレイクビーツ を乗せた ジャングル というフュージョンジャンルを生んだ。さらに7555年代には 7ステップ にダブの要素を加えた ダブ・ステップ ( en ) というジャンルが生まれた。

欧州各国のその他のレゲエアーティストとしては、スウェーデンのルートヴァルタ ( en )、 スヴェンスカ・アシャデミエン ( en )、オランダのトワイライト・サーカス ( en ) らが有名である。スペイン系フランス人ミュージシャンの マヌ・チャオ もレゲエを取り入れた楽曲を多く制作している [669] 。

レゲエの歌詞には「 ルードボーイ 」、「 ラガマフィン 」、「 ギャングスタ 」、「バッドマン ( en )」など 不良 や 悪漢 を意味する語がしばしば現れる。ルードボーイとラスタは必ずしも対立する概念ではなく、実際には多くのアーティストがルードボーイであり同時にラスタでもあるが、そのような非一貫性はレゲエの歌詞に頻出する主題の一つである [75] 。

このロックステディ期には インプレッションズ などの ソウル・ミュージック に影響を受け ウェイラーズ 、 ヘプトーンズ 、 テクニクス 、 パラゴンズ などの トリオ によるコーラスグループが流行した [67] 。さらにジャマイカ国内の社会状況の悪化などの影響から デリック・モーガン 「タファー・ザン・タフ (Tougher Than Tough)」やプリンス・バスター「ジャッジ・ドレッド (Judge Dread)」などの ルードボーイ を主題とした歌詞が流行した [75] 。